マイクロバスと小型バスの違いは?

貸切バスでマイクロバスとは

貸切バスのマイクロバスは、18人から28人乗りのサイズのバスです。主に送迎として使用されているバスで、近距離の移動に向いています。貸切バスとしての料金も安く、手軽に利用できます。例えば、駅から合宿、研修などの施設への送迎などに向いています。また、送迎が主たる目的ですので、ドライバーしかいません。近距離移動が多いためドライバーも1名が原則です。各バス会社でマイクロバスの貸切バスの受付をしています。また、短時間の利用も大丈夫です。その他細かいことは各バス会社と打ち合わせの時に決めて下さい。また、疑問点などはその時に出してもらい解決し、マイクロバスの貸切バスを気持ちよく借りられるようにしたいものです。

貸切バスで小型バスとは

貸切バスで小型バスは21人から25人乗りバスです。バスの大きさは小さいのですが、普通の観光バスと同様で原則、バスガイドなども同行します。こちらは、小規模な社員旅行などに向いているバスです。また、小型バスだけに料金も安くなります。また、運行距離は、普通のバスと同様に遠くまで行くことができます。ですから、旅行の目的地や途中休憩の場所などを旅行の幹事さんとバス会社がしっかりと事前に打ち合わせることが大切です。また、旅行の行程によっては貸切バスの料金が変わることもあるので事前にしっかりと打ち合わせしましょう。小型バスにも補助席は付いていますが長距離移動の場合は補助席は疲れるので、全員が普通の席に座れるように配慮することが大切です。

貸切バスを大阪で予約するなら、貸切バスの賢い選び方とベストな手段を提案する、コンシェルジュのいるバス会社があります。