ガソリン代や駐車料はどう計算されるの?

料金の仕組みを確かめ、余分な出費を減らそう

貸切バスは社員旅行や冠婚葬祭など様々な目的で使えますが、どのように料金を計算するか確かめないと余分な金額を支払う羽目になります。料金は移動するためのガソリン代や駐車料などがどのように扱われるか確認し、バス会社と相談して最適な方法を決めることが大事です。ガソリンは走行距離が長くなることだけでなくアイドリング状態でも消費し明確に計算できないもので、料金に含まれていると気にせずに利用できます。

このように、貸切バスを利用する時は料金の仕組みを確かめ、余分な金額を支払わないようにしましょう。
また、追加料金を請求されないよう利用する前に見積書の内容を確かめて、納得をしてから利用することを心がけてください。

スタッフと相談しやすい会社を選び、要望を伝えよう

貸切バスは会社によって扱う車種や料金体系が異なり、基本料金に含まれない項目を確かめて追加されることがないようにしたいものです。市内観光をする時は有料の駐車場を利用することが求められ、時間が長くなれば高くなります。貸切バスの料金は基本的に運転手の人件費やガソリン代や損害賠償保険は含まれていますが、有料の駐車場代や高速道路の通行料やバスガイドは別料金になることが一般的です。

このため、貸切バスを利用する時は料金の仕組みを理解しないといけないため、事前に会社のサイトで確認して申し込んでください。
また、バスを利用する際には交通渋滞が発生すると所要時間が変わることや、駐車場代はその場で運転手に手渡すこともあり契約時に確認しましょう。